読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気だるき1日生きるだけ

日々の備忘録。思った事とかとりあえず書いてみるブログ。

アンパンマンをそこそこ真剣に考えてみる話し。

アンパンマン
1988年よりアニメ放送され、今日の世界最弱ヒーローの地位に君臨する絶対的アンパン。
そしてアンパン界のカリスマである。
弱きを助け、強きを正す。悪にはアンパンチ、キックである。


喋るアンパンの弱さは折り紙付きなのだが、人の心を鷲掴みにすることが出来る天才である。
と言うのも幼稚園児から絶大な支持を得ている。
そして乳幼児はママ、アンパンマン、パパの順番に言葉を話すとも言われている。
パパ、残念だ。
もちろん、パパと言う発音は乳幼児には言いにくいらしいが何より一般的な家庭だとパパよりアンパンマンと触れ合う時間の方が長いと思われる。
さて、本題に入るがアンパンマンは何故人の心を鷲掴みにするのかという議題として自分なりの解釈で幾つかアンパンさん愛されポイントを上げようと思う。


豊富なキャラクター陣

まずはキャラクターの数であるが、全シリーズを通して2200種類以上だそうで2009年にはギネス世界記録として認定されている。
とは言え2200を超えるキャラクターである。
ポケモンgoが大流行の今日、初代ポケモン言えるかな?が再度注目されている…らしい。
ポケモン言えるかな?はポケモン151匹を4分程度で歌いあげている。

仮にアンパン軍団2200種類を楽曲にするとするならば、軽く14倍以上になるにもなる。
60分以上の超大作である。
これだけいれば好きなキャラクターも出てくるでしょう。これでもか!とも言えるバリエーションなのだ。


日常に潜むアンパンマン

彼らは日常に潜んでいる。
まずはこちら。小児科である。
待合室、アンパンの絵本はほぼ100%置いてある。
余談だが、自分の時代だとアンパンマンと共に「はらぺこあおむし」もしくは「ぐりとぐら」シリーズであった。
間違いなく子どもにウケる。
そして「お注射頑張った!」と言うご褒美、アンパンマンの絆創膏。
子どもの心を射抜く訳だ。

さらに特筆すべきポイントは彼らがほぼ食べ物と言う事だ。
パン屋に行くとしよう「アンパンマンパン」
チョコで描かれた眉にさくらんぼなどでデコられた「アンパンマンパン」
中身はチョコである。
もはやよくワカラナイ。
アンパンマンチョコパン。
なんとも憎めないネーミングッ!

アンパン、食パン、カレーパン

こちらではアンパンマンの取り巻きである食パンとカレーパンを紹介しよう。
なんともキザでクールな食パンマン。
この2人?2パンはレアキャラなのである。
そして、中毒的な人気を持っているのだ。
言うならばサザエさんで言うところの「サイコパス堀川回」と同じなのである。

何よりファンが離れそうな絶妙なタイミングでカレーパンと食パンが投下される。
視聴者からすれば「よっ!待ってました!」と言うところか。

そして食パンが何枚切りなのか、カレーパンの攻撃については触れてはいけない。


アンパン界の北別府学

忘れてはならない主要キャラ、バタ子さんである。
アンパンマン、新しい顔よ!」この決めセリフと共にアンパンマン号で颯爽に現れ「新しい顔」を投げる。
針の穴を通すコントロール…精密機械とも言うべきだろう。
人間の頭はボウリングの球に例えられるが、アンパンさんも恐らくそれぐらいあるだろう。

以上を踏まえた点でバタ子さんは日々の鍛錬は欠かさない。

「すいません、今の納得いかないんでもう一球だけイイっスか⁉︎」

「アン、アーーン!」


重戦車と運転手。

道路交通法違反にあたるのか毎回ヒヤヒヤもので、恐らくハイエースバニング仕様にしたものだと思われる。
あらゆる環境に対応できる上に水陸両用。
ジャムさんは趣味で板金屋も営んでいるはず。
ジャムさんがジャムパンを作らないという事に触れてはいけない。

「ダメだダメだ!いくら頼んでもうちはジャムパンやってねぇんだよ!食べたきゃヨソに頼みなッ!」
職人である。

バイキン、襲来

そして忘れてはならないバイキンマン
名前がとても凶悪だ。
触れた後には必ず手洗いうがいをして部屋を明るくしてテレビから離れてみてね。



まとめ

いかがだっただろうかアンパンマン、それでも君は愛と勇気だけが友達だって言えるかい?
素晴らしいキャラクター達がいるじゃないか…
そして我々も。
アンパンマン、いつでも君の友達だ。