気だるき1日生きるだけ

日々の備忘録。思った事とかとりあえず書いてみるブログ。

ドミニオンってカードゲームが面白い!話。

はじめに。
bg4kidsさんのブログでカードゲームを扱っておられたので…

お邪魔ものやゴキブリポーカー等楽しいカードゲームをたくさん紹介されていますのでご覧ください。
自分も1つ紹介しようと思います。


ドミニオンと言うカードゲーム、ご存知だろうか?
最近友人周りで流行っているのだが、かなり奥が深い。
豊富な拡張パックがあるのだが
基本的に手札のお金でお買い物をしていき、自分のデッキを強くして最終的に勝利点カードを取っていくデッキ構築系のゲームだ。

ドミニオン 日本語版

ドミニオン 日本語版


少し紹介しよう。
2〜4人向けがベストだろう。
初期デッキ10枚の内訳は
銅貨7枚と勝利点1点が3枚である。
そして手札は5枚。

まずは手札内の銅貨を使い、お買い物フェイズである。

お買い物できるカードは

アクションカード、アタック/アクション
勝利点カード、財宝カード、財宝/勝利点の5種類である


例えば1点1枚と4銅貨だと4円までのカードを1枚買う事ができるのだ。
財宝カードなのだが、銅貨1円→銀貨2円→金貨3円の順で強いのである。
通貨の単位は紛らわしいので円とさせていただく

前述した手札なら3円で買える銀貨を買うのが得策か…。

そして買い物したカードと手札は全て捨て札となる。
そして自分のターンは終了。
と言った具合で毎回山札が増えていく。

次ターンは残りの山札5枚が手札になるため
勝利点2枚と3銅貨といった具合だ。
そしてその次ターンは捨て札をシャッフルし山札として使用する。

序盤に何を買うかによって戦況が大きく変化する。

そしてこのゲームは場に出ている2種類のカードが品切れもしくは勝利点6点カード属州が品切れで終了となる。

アクションカードの説明をしよう。
アクションは自分の山札からカードを○枚引くものや、さらにアクションカードを使えるものなど豊富である。
アタックカードも同様にアクションカードとして使用できるのだが、こちらは対戦相手のカードを一枚山札に戻すものや廃棄させたりと相手の邪魔が出来る便利カードである。
もちろんギャンブル性のあるカードもあるのだ。

そしてこのゲームのミソはいかに手札を回して買い物をしやすくする事と、勝利点カードの使い道はゲーム終了時の点数計算のみであると言うこと。
つまり、勝利点を買うタイミングが大事なのだ。


そう、タイミング。
何事もタイミングだ!


TVゲームも良いが、たまにこういったカードゲームを人を呼んでをやるとかなり盛り上がるのだ。
そして最初に書いたのだが基本パックだけでも遊べるが、やはり自分の持っていない拡張パックを持ち寄ってみんなでワイワイやるのが楽しいのだ。