読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気だるき1日生きるだけ

日々の備忘録。思った事とかとりあえず書いてみるブログ。

正社員って実際のところどうなん?って話。

沖縄在住のニートブロガー、タイラケンヂさんが非常に面白い記事を書いていたので紹介しようと思う。

実際自分は正社員とやらに向いていないのだろう、と思う事がある。
確かに「ボーナス」や「福利厚生」と言った待遇に関しては魅力だと思うのだが、正直なところ自分の働き方ひとつでなんとでもなると思うのだ。
後輩に相談された事があるのだが「正社員の生活こそが日本の当たり前なん?」
とのことだった。
正直難しい相談である。
当たり前と言われれば当たり前かもしれないが働き方の問題なので特殊な働き方をしているアルバイトの方が稼げる場合もあるし…。

自分は現在介護施設を退職したところで色々と考えた結果、しばらくはアルバイトでも良いと思っている。
家庭を持っている訳でもないし、彼女がいるわけでもなければ結婚の予定もない。
正社員第一主義の世の中だし、正社員以外のアルバイトやパートは「責任感がない」と言った風潮にあられる。
しかし仕事は仕事であるし責任感がないのはその人の働く姿勢なだけである。


長い間介護業界に足を突っ込んでいるのだが、命を預かる仕事故に社員もパートも関係ないのだ。
実際に起きた事案だけれど、目の前でばあさんが意識朦朧として泡吹いて倒れたときに
「すぐにナース呼べ!それから救急車!」
と指示したのはパートのおばちゃんで指示されたのは社員である。
社員がオドオドしながらナース呼びに行くという謎な報告が上がってきた。
もはや謎事案でしかない。

正直こういった事案はたくさんあるし無能な社員だってたくさんいる。
モチベーションの維持やらなんやら色々とあるけれども普段からダメ社員はダメ社員なのだ。