読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気だるき1日生きるだけ

日々の備忘録。思った事とかとりあえず書いてみるブログ。

【会話のキャッチボール】交流会に行ってきた話。

先日感動ポルノについての記事を書いたのだけれど、実際障害者について書くのはなかなかのタブーだったようだ。
相模原の痛ましい事件もあったし。


先日、社会人交流会と言う名のイベントに参加してきた。
友人主催の立食の交流会だったのだけれども。
正直何をどう交流すべきかよくわからないイベントだったので
「なんの仕事されているのですか?」
みたいな当たり障りのない会話のオンパレードであった。

友人主催と言えど友人の友人までが参加していたので全員を知っている訳ではないので当然友人と初対面の人も複数いた。
そして会場も20人程のキャパのバーを貸し切っていて全員と会話をするのはなかなか動いていないと厳しい状況であった。


さて、本題はここからなのだが
交流会に来ているにもかかわらず、会話が弾まない人との会話ほどつまらないものはない。
正直なところ会話が弾まなければその人との情報交換が一切出来ないのだ。

実際に「ふーん、へぇー」と言った気の抜けた返事は正直なところ、ドン引きする。

仕事なにしてるの?

介護福祉士してます、毎日じいさんばあさんの介護をしてるんです

ふぅん、そうなんだ


はぁ!!!???


なにが、ふぅんやねん!!!
偉そうに!!!

聞いといてそれだけか!
おまえ何を期待して聞いてん!?
返事と次の会話の種蒔いてないんか?
思わず言ってしまうところであった。

と言った具合。そこで会話は終了してしまう。
会話はキャッチボール、早く次の球投げてくれ!と言うのが正直な感想である。
せめて業界の大変さだとか少しニュース見て、そこから拾いあげて投げてくれれば御の字だったのだが。

他の職種に対してもそうだが
「○○って仕事大変そう…」
楽してる仕事なんてないから!
その返事以外を所望する。


本当に会話は難しい…。
自分は対人スキルが高い訳ではないが、まさか上には上がいるとは…。
勉強になりました。