読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気だるき1日生きるだけ

日々の備忘録。思った事とかとりあえず書いてみるブログ。

【SNS】充実アピールが鬱陶しい話し。

自分はFacebookに関してはたまに生存確認をする程度しか利用していない。
昔はことある毎に写真をアップして「○○なう」みたいな「見てくれアピール」をしていた。
元々飽き性なのもあるのだけれど、今思えば他の事に費やす方が確実に有益だと思うのだ。


正直、題名にもつけたFacebookに大勢で写っている「楽しんでますアピール」アレって何のメリットがあるのかいまいちわからない。
勿論自分が使いこなせていないのもあるが、やはりわからない。


そこで、Facebookで見つけた「見てくれアピール」について自分なりに書いてみようと思う。



料理教室行ってきた系

女子によくあるが、女子力アップの為かかなり多い。
手料理は食べたいと思うのだが、例えばその前に超絶汚れた友人宅での宅飲みをタグ付けされアップされちゃあ…女子力どころの騒ぎではない。
女子力アップして彼氏作って甘い生活までの道のりは遠い。
その前に友人宅、片付けてやれ。

そして言うならば
「料理教室でビーフシチュー作ったよ♡」
的なヤツだが、数時間かけて教室では作るけど、絶対家では自分の為でも作らんやろ?

今度作ってください的なコメントは地雷とも言えよう。

大勢で謎のハンドサイン

これは、アレだ。
いわゆるネットワーク的なヤツだろう。
ネットワーク的なビジネスは別にいいとして、活動内容の必死さが自分は嫌なのだ。
例えば「○○人で○○さんのサプライズバースデー」的なヤツだ。
正直○○さんの事は知らないしいい迷惑。
別にタグ付けしなくていいやつ。
その派生にプライベートエステとか、個人宅の料理教室。
ステマもほどほどに。

ネットワークやってもおおっぴらにしないことを自分はオススメする。
最後は自分やで。



さて充実アピールについてだが、やはり自分はそういうアピールは今となればできない。
すればする程見すぼらしい。
と言うのも「時は金なり」である。
本当に質のよい充実はSNSを開いている時間が勿体無い程打ち込めるはずだ。
○○人でのバースデーだとか過去を振り返るのは良いとして果たしてそれが「羨ましい」と思えるのだろうか?

似たようなもので、カラオケで
私の歌を聴けぇ!!!
と言い真剣に聴いている人はいない。
正直その間次の曲を入れて検索かけるでしょう。
それと一緒である。
実際そんなに聴いてないしSNSも見ていない。
コメントがつかなかったり「ゴメン、聴いてなかった」
となればやはり評価されてないとして凹むでしょう。
もはや承認欲求の塊か。


承認欲求が高い人程ストレスを溜めやすいし鬱傾向が高い。
やはり何事もほどほどが一番である。