読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気だるき1日生きるだけ

日々の備忘録。思った事とかとりあえず書いてみるブログ。

オシャレスポーツのダーツにハマりそうなのでレビュー書くぞ!

どうも、下戸のプロmotosaaaan(@mtk3773)です。

皆さん、ダーツしてますか?ダーツ。


最近仕事が終わったらダーツに行く日々が続いております。
意外と大きめのダーツバーやショップは賑わっているようで、この前初めて大きいショップに行ってみたのだけれど、5台に対してかなりの人数がいた。

自分達は3人で行ったのだけれど結構待った気がする。


さて、ダーツなんてしゃれおつなイメージだけれどかなりストイックなスポーツだったので軽く簡単なルールを説明したい。



カウントアップ

これは単純に点数を競い合うルール。
意外と真ん中が一番点数高いのだろうと思うけど、実はその真上の色つきの小さいトコ(20×3)が一番高い。真ん中は50点でブルと言う。

ゼロワン

これはカウントダウンしていくルール。
301、501、701等あるのだけれど、初心者は301が多いと思う。
301からダーツが刺さった点数を引いていく。

分かりやすく言うなら真ん中に6本当たれば300点だけれど最後の1点は対応する場所に投げないといけない。
この最後がなかなか難しい…。


プレイ人数2人〜

クリケット

これは15〜20とブルを使った陣取りゲーム。
かなり白熱するのだが、ボコボコにされると相手に殺意を抱く。

対応する場所以外は点数が入らない。

対応する場所に刺さればマークがつき、3つ刺されば自分の陣地。
それ以降自分の陣地に刺されば得点として加算される。
相手も同じ場所にマークされると陣地が相手に移り自分の陣地は消滅する

と言った具合で取られた際は
ぶっコロっしぃぃいやぁぁああ

と言った具合である。




次はマイダーツについてである。
正直貸し出しのハウスダーツは軽くて投げにくい…。
買うべき!
値段はピンキリだけれど、自分はセットで7000円程度のものにした。

ショップだと試投できる場所もあるのでかなり試せる。
プロ仕様とかシグネチャーモデルはべらぼうに高いのでかなり吟味して買うべき。
合わせて筐体のダーツLiveカードも買うべき。
一枚500円だけどデザイン豊富すぎ。

DARTS LIVE CARD MARVEL 2nd (007)

DARTS LIVE CARD MARVEL 2nd (007)

まとめ

1人でやるにも数人でもやるにも楽しめるしダーツバーなんてと思うが、思った以上に入りやすい場所だしノーチャージのお店もあるのでビクビクせずにまずは行くべき!
店員さんも優しいし1人で行っても店員さんやお客さんが相手してくれる場合もある。

もちろん、ブル取ったら
気持ちいいいい!