読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気だるき1日生きるだけ

日々の備忘録。思った事とかとりあえず書いてみるブログ。

波動拳が出ないからって昇竜拳なら出来ると思ってたら大間違いだった!

ネタ 日常 漫画 アニメ

どうも、ヨガフレイムのプロmotosaaaan(@mtk3773)です。

皆さん波動拳、出してますか?
最近レッドブルのCMにストリートファイターリュウが出てますね。
あのCMかなり好きである。


さて、小学生ぐらいの頃は漫画の必殺技に憧れまくった時代があって、当時ドラゴンボールフリーザ様と闘ってたり、スーパーファミコン通称スーファミがリリースしたばかりで

波動拳!!

とか

かめはめ波!!

とか
本気を出せば出るものだと思っていた時期があった。
しかし当時はK-1創世記、アンディ・フグ
ピーター・アーツと言ったゴリマッチョアニキ格闘家があらゆる相手を倒しに倒していた。

ピーターは特に決め技的なものはないけれど、アンディ・フグと言えば「かかと落とし」だった。

しかしアンディのような身長もなければ、そこまで脚が上がる訳でもない。
そこまで足は長くないし。
しかし自分にも必殺技が欲しい。


波動拳なんか出せる訳ないし、竜巻旋風脚なんかトンデモすぎる。

でもさ
昇龍拳ならできるくね?
多分。


と言う訳で昇竜拳について少しwikiから引用を。

昇龍拳〔しょうりゅうけん〕
沈み込んだ態勢からアッパーカットと膝蹴りを繰り出し上空に飛び上がる。
発動した瞬間や上昇中に無敵時間があることが多く、相手の攻撃への割り込みや優秀な対空技として機能する。ゆえに対戦格闘ゲームの草分けである『ストII』でのこの技は、“対空技”という名称が使われる端緒の一つとなった。「昇龍拳」のレバー入力の方法(1P側で右・下・右下)は『昇龍拳コマンド』と呼ばれており、波動拳コマンド同様、現在も多くの格闘ゲームに採用されている。
ゲームのストーリー設定においては、『ストII』より「サガットの胸に傷をつけた技」とされ、この技からサガットが「タイガーアッパーカット」を編み出したとされている。同技は別名を「タイ式昇龍拳」とも呼ばれており、サガット以降も同様の技、似た技を持つキャラクターが登場している。
いくつかの漫画作品では、「威力が高すぎて致死性が高い」「拳を突き上げる動作は天(神仏)に対して拳を向ける」など、作品によって異なる理由で禁じ手になっている。
ストIV』では、上記の設定が逆輸入される形で、師である剛拳スーパーコンボとして「禁じ手・昇龍拳」を持つ。また、リュウ大パンチ版またはEX版を使うと拳に白い波動を纏った状態になる。

それでは検証。

まず、ヒザ蹴りなんかあったっけ?
まぁ…あったとしても多分支障はないだろう。
問題は強烈なアッパーカットを回転を加えながら相手のアゴをクリーンヒットさせる必要がある。

アゴの謎。

果たして相手のアゴが都合良くもまあアッパーカットの餌食になるのだろうか…?

サガットの疑惑。

さて、wiki先生には「サガットの胸の傷」とあるが…グローブしててどうやって傷がつくのか
え、摩擦?火傷なのだろうか…?



そして先ほど書いたとおり、アッパーカットを回転しながらアゴに…なのだが問題は
相手を持ち上げる程の腕力が必要なのでは?


公式から調べてみたけど、最軽量のさくらでも42kgであるので、少なからず42kgを肩、肘、拳を使って持ち上げる訳だ。
最近のストリートファイターは分からないので、なんとも言えないがエドモンド本田まで軽々持ち上げると思うと…恐ろしい。
ちなみにエドモンド本田は137kgだ!

そもそも人間の首がその程の力に耐えれるのか

無理やろ!


はい、無理でしょう。
言うならば首を下から吊られるかの如くだろう。

結論

難しい話はよくわからないが…
必ず殺される技
となっている為、用法用量をよく読み身体に異常をきたす際は医師の診断を受け速やかに昇竜拳の使用を中止してください。


皆様も必殺技などという物騒な技を使う際にはよく考えた上で放つ事をお勧めしたい。